民謡歌手木津かおりのブログです。
日々感じた事や舞台での出来事。
旅先の美味しい食べ物等。
又出演イベントの情報も掲載します。
みなさま☆ミ 『よろしくお願い致します♪』
秀扇会
今日は日本舞踊を久しぶりに観に国立劇場へ行った。

七々扇ヒデ花先生と七々扇左恵さん親子の秀扇会公演。

芸道60周年記念だそうです。



5歳頃からかな、ヒデ花先生に日舞を習っていたんです〜(笑)

もっぱら男形ばかりでしたね。

あの頃何にもわからず、習っていましたが、

改めて、日舞ってなんだろう?

なんて考えながら、観ていました。

答えとか何とかじゃなく…

漠然と。。民謡と比べたりしていました。



今日のトリは連獅子。

娘さんの左恵さんが踊られたたのですが…

最後の毛振りには感動してしまいました。

話を聞いたら50回も振ったとの事。

回数よりも…なんていうか。。

踊りがすきなんだなぁ〜っと、

私はそんな処が響いて感動しました。



今月末、再び歌舞伎座で日舞を拝見できるチャンスがあるので、

今日の漠然と感じた事、月末に続きを。。楽しみとっといて、

明日の武道館へと気持ちを持ってきます〜。
気まぐれ日記 comments(3) trackbacks(0)
Comment








数日前、はじめて民謡のCDを買いました。COCF-15702
新早島小唄 木津かおり インターネットの試聴版(ほんの少しですぐ終わります。)を聴いてレコード店で取り寄せてもらいました。民謡について全くのど素人から何か言われても仕様のないことかも知れませんが、高音から低音まで実にきれいです。
プロだから当然と言えば当然なのですがまことに上手ですね。
カラオケトラックもついていますが簡単には覚えられそうにありません。私が覚えて兄を追い越しちゃいけませんね。(これは冗談)お元気で活躍して下さい。
from. 牧瀬隆生 | 2007/05/09 11:26 |
はじめまして。
書き込みどうもありがとうございます。
と〜っても驚いています。
そして。
と〜ってもうれしいです。
ありがとうございます。

このブログは検索サイトで見つけられましたか?
インターネットをされるなんて、
さすが。嶺扇さんご兄弟ですね!

ヒデ花先生には、小学校上がる頃から日舞を教わり、
康代ちゃんには家庭教師をもらったりと…
第二のお父さんお母さんみたいなものなんです。
小さい頃は、3日と逢わない日はありませんでした。
今は、やっちゃんも大活躍ですね。
先日の国立劇場の舞踊会も本当に素晴らしかったです。
私は、子供の頃で挫折してしまいましたが、
今歌い手として、舞台に立つ身となっていますが、
日舞をやっていてよかった〜〜〜〜っと。
そう思う事がしばしばあります。

うちの竹例会に、嶺扇さんには、なくてはならない存在です。
最近お忙しそうで、中々お稽古にも来れない事も多いですが、
本当にお若く、いつも元気です。

鹿児島ももう寒くなりましたか?
こちらは、日によってはかなり寒い日もあります。

まだ会場が取れず、日程が決まっていませんが、
来春、発表会も催されます。
もし、そのころ横浜にいらっしゃる事などあれば、
是非遊びに来ていただけたら嬉しいです。
また…鹿児島に行くことがありましたら、
必ず連絡をいれさせて頂きます。
コメントありがとうございました。
from. 木津かおり | 2006/11/04 02:31 |
突然の初メール不躾をお許し下さい。私は木津嶺扇牧瀬一郎の弟です。七々扇ヒデ花は兄嫁、左恵は姪です。あなたは兄のお師匠さんのお嬢さんと伺っております。あなたのブログがあることを知りこうして書いています。兄はすばらしいかたがたとお付き合いさせていただき幸せものです。今後とも兄一家をよろしくお願い申し上げます。
from. 牧瀬隆生 | 2006/11/04 02:14 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kitsu-kaori.jugem.jp/trackback/1306
<< NEW | TOP | OLD>>